秋の鎌倉に行ってきた。


土曜日に鎌倉に行ってきた。とても歩いたが、リフレッシュできたし、大仏も見れたし、紅葉も見れたし大満足。江ノ電って乗ってるだけでテンション上がるな。

f:id:igatann:20181129011025j:plain

 

ルート

  1. 鎌倉駅
  2. 小町通り
  3. 鶴岡八幡宮
  4. 銭洗弁財天
  5. 葛原岡神社
  6. 葛原岡ハイキングコース
  7. 高徳院
  8. 長谷寺
  9. 鎌倉駅

小町通り

コロッケ、とり明太、鎌倉プリン食べた。コロッケうますぎ。

鶴岡八幡宮

お参りした。

銭洗弁財天

銭を洗った。

f:id:igatann:20181129011001j:plain

 

f:id:igatann:20181129010601j:plain

 

葛原岡神社社

さら石に向かって投げた。

葛原岡ハイキングコース

高徳院に向かうのに使った。想定外のハイキングコースで、(くる予定はなかった。)山道がかなりきつかった。上り下りがしんどすぎ

高徳院

大仏を見た。ここくる前は、まあ大仏か、とりま見とくかくらいのテンションだったけど、見たら見たで、テンションが上がってしまった。大仏いいじゃん。。って。高徳院の大仏より大きい奈良の大仏も見たくなった。

写真は背中からのを。背中イケてないですか?

f:id:igatann:20181129011014j:plain

 

長谷寺

ライトアップされた紅葉を見たくて長谷寺へ。ライトアップverとそうじゃないverを見たんだが、 どちらも良い。赤すぎる。

17時くらいで疲れがピークになったので入った喫茶店でダウン仕掛けた。(この体力で電車に乗ったらまじで倒れると思ったので)私にとってお出かけはかなり久しぶりだった

次お出かけするときは、もっと写真とろって思った。しっかりカメラに収める。あともっと綺麗に写真とりたい。インスタ映えって実は偉大かもしれない。

次は江ノ島まで足を伸ばしたい。。

買ってしまったiMacが高スペック過ぎた件について

最近、自宅用pcをwindowsからmacに買い換えたのですが、スペックが高杉たかなと。。。購入前は金額(だいぶ高めだが許容範囲内)、スペック、見た目もマッチしてしまったので、「これしか、あり得ない!」くらいのテンションで感覚が麻痺してしまった。これから使っていく未来のことなんて一切考えていなかった。とにかく本能の赴くまま、購入したった

スペック

os
macOS High Sierra
プロセッサ
3.4 GHz Intel Core i5
メモリ
8GB
グラフィックス
Radeon Pro 570 4096 MB

開封!!

炎天下の中吉祥寺のヨドバシからはるばる我が家までやってきたばかりの状態。結構重かったので、タクることにした

f:id:igatann:20180811011400j:plain

f:id:igatann:20180811011638j:plain

起動後、はこんな感じ。とにかく大きい!ス・バ・ラ・シ・イ!の一言だで!
買ってから結構時間たつけど、家にいる時はずっと触ってる。(うす暗いのは気にしないで)

f:id:igatann:20180811011925j:plain

やりたいとこ

xcode触ってiosアプリを作ってみたい。簡単な電卓アプリから入れればかなと。あとは、macで動作するアプリケーションの作成、これもxcodeでできるみたいだけど、今はEclipsejavaの勉強をしているで、それを使って作れたらいいなと思っている。

あとなにができるんだろ?調べながら、面白そうなことをやって行きます。

最後に

買ってよかった。この言葉が全て。本当買ってよかった。俺にとってのこのハイスペックに早く追いつけるように、触って触って理解しまくる。

Javaの基礎・基本まとめ編 1

東京なんでこんな熱いの…?沖縄より熱いってどう考えてもおかしいでしょ?

暑すぎてせいゆーでアイス爆買いしてバグ食いしてます。

さて、今日は最近始めたjavaの学習をここにまとめていきたいと思います~

Javaとは

オブジェクト指向プログラミング言語で、拡張性に優れている、再利用しやすいプログラミング言語。クラスや継承などの仕組みが、拡張性や再利用を可能にしている。

同じようなコードを書かなくてもテンプレートのようなものを作ってそれを元にプログラムを作っていこうぜ!的な

パーツごとにクラスを作成される、人の体で例えると頭のクラス、胴体のクラス、腕のクラス、腰のクラス、脚のクラスなどパーツを作って1つの(1人)のプログラム(人間)を作っていく。で、この頭のクラスの中に、情報や処理を入れている。ここでいう、情報とは、頭のクラスに付随する目、耳、口、鼻、脳みそなどの情報を入れてあげる(まあここらへんもクラスになれるけど今はこれで話を進めたい。)

OSに依存しない

複数のOS上で開発や実行が可能である。
言語によっては、osごとにプログラムを修正する必要があるがJavaはOSに依存している部分をJava仮想マシンがどのOSでも同じように実行可能にしてくれる。

Javaの実行される流れ

  1. Javaソースコードを作成する(○○○○.java) ( public class ○○○○{} てきなやつ)
  2. ソースコードを<>コンパイルして、中間コードを作成する。この中間コードが、osに依存しないコードだで!(○○○○.javaを○○○○.class)
  3. Java仮想マシンが○○○○.classを解釈して処理を行う

とりあえず今日はここまで、またお勉強が進み次第更新していきます。